看護部
 中央検査室
 放射線科
 臨床工学科
 薬剤部
  リハビリテーション
  地域支援センター
 事務部
 うさぎ保育所(院内)
 栄養科
看護部の仕事紹介 
管理部門 >> 外来部門 >> 3階病棟 >> 4階病棟 >>
5階病棟 >> 6階病棟 >> 緩和病棟 >> OP・中材部門 >>
看護師スタッフへの支援 
教育・子育て・キャリアアップ >> 主任会の活動 >> 子育て看護師の声 >> 新人看護師の声 >>
 
   
 新しい仲間からのメッセージ{一年を振り返り} 
MIさん
  4月から看護師として働いてきて、就職した当初は、慣れないことも多く、1人の患者さんとじっくり関わってきた看護学生のときとは違い、受け持ちの患者さんの数も増えゆっくり患者さんと話す時間もないくらい業務に追われる日が続きました。
忙しい日々の中で、このまま仕事に慣れるかどうか不安に思ったりしましたが、プリセプターの方や先輩方が、わからないことを教えてくれたり、困っているところに声をかけてくれたりと、気にかけてくださってとても安心しました。失敗することもあり、落ち込んだりもしますが、失敗を振り返ることで学ぶことも多いので、前向きな気持ちで、今まで乗り越えてこれました。
この半年間は、周りの方々が支えてくださったから頑張ってこれたと思います。
就職から半年が経ち、仕事も徐々に慣れてきましたが、まだまだ覚えることも沢山あるので一人前の看護師を目指してこれからも頑張っていきたいです。
MYさん
  国保中央病院に入職して1年あまりがたちます。1年のブランクがあった私にとって、採用が決まってからは不安でいっぱいでした。
 私は4月の入職であったので新採用者対象に数日かけてオリエンテーションを受けることができ、技術面など不安が残るところがあれば新卒者と一緒に研修にも参加させてくださいました。また、病棟でも経験豊かな先輩方が多く、看護技術・知識と共に根拠を持って丁寧に指導・アドバイスをしてくださいます。
わからない事や困った事があれば先輩方に聞き、相談しています。師長さんをはじめ、周りのスタッフの支えがあったからこそこの1年、忙しいなかでも頑張ってこれたと感じています。
 入職して驚いたのは、院内研修が充実しているところです。レベルに応じた研修もあり、同期との情報交換や交流の場にもなっています。中途採用者で働く私にとっては、モチベーションの向上と働くことへの自信へとつながっています。
MTさん
 私がこの病院に入職し、整形外科に配属されて1年半が経とうとしています。
1年目で何もわからず、毎日の業務をこなすことで精いっぱいだった私を師長・プリセプターをはじめとした先輩方は、どんな時でもフォローし、いつも優しく指導してくださいました。この1年半は本当に一瞬に過ぎ、その中で学生の時ではできなかった多くのことを経験することが出来ました。
 毎日の勤務の中で、日々1人で出来ることが増え、それが嬉しく、また自分の自信にもつながっていきました。そんな中で、看護師としての仕事にやりがいを感じるとともに責任の重さも知りました。自分が行う1つ1つの行動に責任をもち、自分で判断していくことの難しさを感じました。1人前の看護師になれるよう、これからも多くの経験を積み、勉強していきたいです。学ぶべきことばかりの毎日ですが、私にとってそんな毎日はすごく充実しています。
SHさん
 長いようで短かかった1年半、毎日毎日が緊張の連続でした。
知識・技術も不慣れなところに「これでいいのだろうか?」と悩んだり、慌てたりすることがありました。周りの先輩方に助言やアドバイスをもらいながら、徐々にできることも増え自信が持てるようになりました。
 患者さんに接する時、自分の考えで看るのではなく一人一人の性格や考え方を受け入れて看護できるような看護師になりたいと思います。生活習慣等も同じではないので、さまざまな場面で気を遣うことがあると感じています。
「良くしてもらいありがとう帰らせていただきます」一言の重みをかみ締めて・・・
今日も悩み・笑い・又、悩み一歩一歩あゆんでいきます。
MAさん
 入職した1年半前は初めての病院に初めての職場初めてのスタッフで、仕事や人間関係に慣れるのに精一杯で毎日があっという間に過ぎていきました。
毎日がとても忙しく感じる中でも、師長さんや周りのスタツフの支えがあって1年半を迎える事が出来ました。
  私自身、人見知りでうまくコミニュケーションがとれるタイプでないので同期のスタッフが同じ病棟にいなかった事はとても不安でした。入職後は先輩達に優しく声をかけていただき、何でも話せて働きやすい環境だと感じました。4階病棟は、外科・内科・泌尿器科の混合病棟なので幅広い知識と技術が求められます。1年半働いて何が出来て、何が出来ないのか、自分の中でもあいまいな面もあるので知識を丁寧に吸収し日常で行われている技術を身に付ける為に日々努力をしています。