看護部
 中央検査室
 放射線科
 臨床工学科
 薬剤部
   リハビリテーション
  地域支援センター
 事務部
 うさぎ保育所(院内)
 栄養科
 
 
国保中央病院中央検査室はオープンフロアーを利用し全ての臨床検査技師が
院内全検査を行える業務体制を取っております
中央検査室
検体検査
生化学検査
 自動分析器を用い、血液、尿、その他の体液検体から肝機能、腎機能、膵機能、心臓機能、感染症等の検査を迅速かつ正確に測定しています。至急検査についてはコンピュータを利用して各診療医に40分以内に報告しています。
 
血液検査
 血液中の白血球数、赤血球数、血小板数を測定し貧血状態や炎症、血液凝固に関する検査を行っています。血液を染色し顕微鏡で形態を観察する事により、詳しい病態把握を行います。
一般検査
 尿中の蛋白、糖、潜血の定性・定量検査を行います。尿を遠心分離し、顕微鏡で尿沈渣を観察します。また、便、精液、髄液、胸水、腹水の検査も行っています。
 
輸血検査
 より安全に輸血を行って頂く為、血液型の確認や不規則抗体スクリーニング、交差適合試験を行っています。当院では自己輸血も対応しております。
 
基準値(正常値)範囲について
 結果報告書に基準値を表示してありますが、正常値は多数の健常者測定値より一定の計算式より算出されたデータで有り各施設で若干の隔たりがありますのでご注意下さい。
検査データに影響を及ぼす因子(食事・運動・投薬など)
1、食事.が影響する検査項目
血糖・インスリン・中性脂肪・遊離脂肪酸など
2、激しい運動が影響する検査項目
白血球数・クレアチンキナーゼ(CPK)など
生理機能検査
生理機能検査室とは、直接患者さんより生態情報を検査する場所であり、
心電図検査(安静、負荷、ホルター)・トレッドミル・呼吸機能検査・
聴力検査・脳波検査・眼底カメラ及び、尿素呼気試験等を行っています。
心電図検査
 胸に6個の吸盤と、手・足首に大きい洗濯バサミ状の電極をつけて心臓の出す電気信号を増幅記録する検査です。痛み・不快感は有りません。
 
【安静心電図】
 不整脈(動機、息切れの原因)・虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)等のスクリーニング検査です。
 
【負荷心電図】
 運動をする事で心臓に負荷をかけ、安静時心電図上に現れなかった異常を診つける検査です。
 狭心症の疑いまたは心筋梗塞の経過観察、心筋障害のスクリーニング等で行います。
1、マスター2階段試験
 心臓に負荷をかけるために階段の昇降を行い負荷前後の心電図を比較し診断します。
2、トレッドミル試験
 ベルトコンベアー上を歩行する事で心臓に負荷をかけ、運動中の心電図及び血圧の変化を観察、記録します。
 
 
【ホルター心電図】
 携帯用心電計(ウェストポーチ大)を装着した状態で24時間、日常生活をして頂き心電図の変化を診る検査です。
 胸部にシール状の電極を装着していますので入浴は出来ません。機器の装着と取り外しのため二回来院して頂きます。
呼吸機能検査
 肺活量等を測定する事で、呼吸器疾患又は手術前の肺機能状態を診る検査です。
 検査者の号令で患者さんに息を吸ったり吐いたりの動作を繰り返し行って頂きます。
聴力検査
 高音と低音が正確に聞こえているかどうかを検査します。
 検査者が段階的に変化させる音量をヘッドフォンより聞き、確認できたらボタンを押し音域を測定します。
脳波検査
 脳が示す電気活動の時々刻々の変化を、頭皮上の電極から記録する検査です。てんかん等による痙攣後の状態把握、脳の炎症・障害などを診るのに有用です。
検査方法は専用の糊で電極を24個頭皮上に接着し、暗室で横になりリラックスした状態で検査を受けて頂きます。検査所要時間は30〜60分です。
眼底カメラ
 眼球内毛細血管の状態を特殊カメラを使用し撮影する検査です。眼底出血や狭窄等がわかります。
 高血圧、糖尿病、動脈硬化等のスクリーニング検査です。
 無散瞳カメラ撮影のため、目薬は使用せず20分位で終了します。
尿素呼気試験
ピロリー菌の有無を呼気中のウレアーゼ活性値で測定します。
検査薬服用前後の呼気を採取バックに取り判断する検査です。
検査日の朝食はとらないで、検査開始前1時間は禁煙していただきます。